TOEIC初心者が800点を超えるための勉強法【TOEIC900点超えが解説】

TOEICで800点を超えるための勉強法【TOEIC900点超えが解説】

公開日 2021年9月12日 最終更新日 2021年9月16日

こんにちは!ベニスのネコ英会話です。

TOEICで800点を取りたいネコ

どうやったら800点取れるんだろう…

こんな悩みがある…

・今の点数は600点~800点なんだけどなかなか800点いかない。
・昇進、就活、スキルアップのためにTOEICで800点が必要!
・800点を取るためには具体的に何を勉強をすればいいの?

今回の記事ではTOEICで800点を超える具体的な方法を紹介します。

まずは700点を取りたい方は下の記事を見てみてください。

TOEICで700点を超えるための勉強法【TOEIC900点超えが解説】

記事を読むメリット

・TOEICで800点を取るための具体的な手順が分かる。
・TOEICで800点を取るための勉強方法が分かる。

この記事を書いている僕のTOEICの点数についても紹介しておきます。

TOEICのスコア

初めて800点を取った時:830点(2016年10月23日受験)
TOEIC800点
最新スコア:920点です(2017年9月10日受験分)
TOEIC920点

独学で大学3年生の時に830点を取りました。ちなみに最後に受けたスコアは920点です。色々な勉強方法を試したのでその辺りはけっこう詳しいです。

※本記事での「TOEIC」は「TOEIC® Listening & Reading Test」のことを指しています。「TOEIC® Speaking & Writing Tests」のことではないので注意してください。

1. TOEIC800点はどれくらいの難易度?

1. TOEIC800点はどれくらいの難易度?

TOEICで800点を取りたいネコ

TOEIC800点って取るの難しいの?

結論から言うと難しいです。公式サイトのスコア分布を見てみると毎回受験者の15%~20%が795以上を取得しています。800点以上取れるのは受験者10人のうち1人~2人なのでなかなか難しいですね(参考:公開テスト 平均スコア・スコア分布 一覧)。

TOEIC受験者全体の平均点は約616点(Listening:約335点(正答率約67.6%)、Reading:約281点(正答率56.7%))なのでそれよりも高いスコアを取る必要があります。

※この平均点は試験21回分(2020年10月4日~2021年7月11日まで)のデータを基に平均点を出しています。グラフにまとめてみました。

TOEIC平均点(21回分)(2020年10月4日~2021年7月11日まで)
参考:公開テスト 平均スコア・スコア分布 一覧

個人の経験を基にした難易度を言うとTOEIC800点は中学と高校の文法をほぼ完璧に理解していて基礎的な英単語やTOEICでよく出てくる英単語は理解しているレベル(英検で例えると準1級くらい)だと思います。僕自身が初めて800点を取った時(830点(2016年10月23日受験))は英検準1級(2015年10月受験)を持っていました。ちなみにTOEICで750点(2015年9月13日受験)を取った後に英検準1級(2015年10月受験)を受けると合格したので800点取れる人なら余裕をもって英検準1級も合格できると思います。

ちなみに僕が800点取った時の英語の理解力は下記のような感じでした。参考までにどうぞ。

リスニング

・パート1:ほぼ全部正解できる。
・パート2:ある程度正解できる。でも合っているか自信のない問題もあり。
・パート3:少し難しい。
・パート4:少し難しい。

→リスニングは一語一句は分からないけど全体の内容はつかむことができるレベル。部分的に聴き取れた内容を基におおよその意味はつかめる感じ。パート1やパート2は文が短いのでだいたい理解できますが、パート3とパート4だと文が長くなり解答に困っている間に次の問題の音声が流れ始め混乱することがありました。

リーディング

・パート5:ほぼ全部正解できる。
・パート6:ほぼ全部正解できる。
・パート7:試験時間が足りない(数十問は適当に塗りつぶし)。

→リーディングは時間をかければ文章の意味をつかむことができるレベル。ただ速読をしていると本当に合っているか分からない問題が多かったと思います。知らない英単語がたまに出てきて試験時間は足りなかったです(パート7の数十問は適当に塗りつぶし)。試験の後半は問題数の多さにパニック。文法はほぼ完璧に理解(中学レベルの文法と高校レベルの文法)できていたと思います。

2. 目標とする具体的なスコアは?(TOEICで800点を取る作戦)

2. 目標とする具体的なスコアは?(TOEICで800点を取る作戦)

リスニング;430点前後(正答率86.8%)、リーディング:370点前後(正答率74.7%)を目指す。

TOEIC受験者の平均点が約616点(リスニング:約335点(正答率約67.6%)、リーディング:約281点(正答率56.7%))なので800点を目指すならこれくらいのスコアを取るのがいいかと思います。

800点を超えることが今回の目標ですが、制限時間内に全部の問題を解き終わらないと思います。おそらくリーディングは時間が足りなくなるので最後の方はマークシートを塗りつぶすことになると思います。900点取れている人でも間に合わない人もいるくらいTOEICのリーディングは速い処理速度が求められます。取れるところを確実に取るのが目標点の800点を取る鍵になります。例えば、TOEICのリスニングは比較的点数が取りやすいので430点前後を目指しリーディングでは370点前後を取るのが受験者の平均点を基に考えると実現しやすいと思います。800点を目指している人にとってPart7は時間が足りなくなる可能性が高いので他のパート(Part1~Part6)でスコアを伸ばす方が点数を上げやすいと思います。

3. 課題(どうして800点を取れないのか?)

3. 課題(どうして800点を取れないのか?)

色々な要因があると思いますが理由をまとめてみました。

800点を取れない理由

①英単語数の不足
→TOEICでよく出てくる英単語を覚えていない。
②文法の知識が不足している。
③試験の解き方が分かっていない。
→先読み(リスニングのパート3とパート4で音声が流れる前にあらかじめ設問を読んでおくこと)やマークシートの記入の仕方など

4. 800点を取るための対策(具体的な勉強法と手順)

4. 800点を取るための対策(具体的な勉強法と手順)

今回の記事では具体的な勉強法と手順について4つに分けて紹介しています。全部読んでみて分からないことがあればInstagramのコメントへ質問をどうぞ。

Instagram(ベニスのネコ英会話)

 Instagram

具体的な勉強法と手順

1. 現段階の自分のレベルを確認する。
2. 英単語を覚える。
3. 文法を理解する。
4. 問題を繰り返し解く。

それでは一つずつ見ていきましょう。

4.1. 現段階の自分のレベルを確認する。

TOEIC公式問題集

現段階の自分のレベルを確認するには公式問題集を解きましょう。

目的は自分の弱点を分析することです。TOEICがどんな試験かを理解して自分の弱点を見つけしっかり対策すれば本番で点数を取ることができます。まず公式問題集を解いてどのパートが苦手なのか、どこで失点しているのかを理解しましょう。

公式問題集は本番のテストと同じスピーカーが担当していて同じプロセスで問題が作成されています。2回分(400問)問題が収録されているので力試しでまず1回目を解いてみましょう。そしてその後しっかり勉強した後に2回目を解くとどれくらい自分が成長したかを比較することができます。

公式問題集の特徴
・米国のテスト開発機関であるETSが本番のテストと同じプロセスで作った問題
・公式スピーカーによるリスニング音声
・参考スコア範囲の換算表でスコア目安がわかる

まずは公式TOEIC Listening & Reading 問題集 7を選ぶと間違いないです!

※問題を解く時の注意点

①本番と同じように時間を計って解く。
→TOEICは集中力も問われるテストなので約120分を連続して解く。
②時間内で解けなかった問題も解く。
→制限時間内で解けた点数と時間をかけて解いた点数を比較してみましょう。時間があれば解けたかを確認することができます。
③復習には時間をかける。
→採点して満足する人が多いですが、目的は自分の弱点を分析することです。自分がどこを解けていないか何故解けなかったかを分析すると対策を取ることができます。

4.2. 英単語を覚える。

TOEIC専用の英単語帳を使いましょう。

目的はTOEIC特有の英単語を覚えることです。800点を目指しているレベルの人なら基礎的な英単語は身についていると思います。あとはTOEIC専用の英単語帳を使って短期間で単語を覚えてしまいましょう!

単語帳は一つの単語に時間をかけるのは効率が悪いです。覚えていなくてもいいので回数をこなすことが大切です。見たことのある単語を増やし単語帳の回転率を上げると単語を覚えやすくなります。また音声を聴いて正しい英語の音を覚えるのも大切です。単語単体で日本語の意味と結びつけて覚えようとする人がいますがそれだと丸暗記になりその英語が実際にどのように使われるのかが分からないです。また複数の単語帳に手を出す人がいますが一冊の単語帳を繰り返し使った方が記憶の定着に繋がるので一冊を何度もやりこみましょう。

○TOEICで800点を目指すために使えるおすすめの本


TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)
→累計100万部以上売れているTOEIC対策のベストセラー単語帳です。TOEICに頻出する単語がフレーズ形式で網羅されています。また全単語、フレーズに無料の音声が付いています。筆者はTOEICで9回連続990点を取得したTEX加藤さんです。これを使えば間違いないです。

※英単語を覚える時の注意点

①一つの英単語を覚えるのに時間をかけすぎない。
②丸暗記を避ける(単語単体で覚えないようにする)。
③複数の単語帳に手を出さない。
④TOEICでよく出てくる英単語を単語帳で一通り勉強した後は問題集を解く中で新しい英単語を覚えていく。

4.3. 文法を理解する。

文法を理解するためには英文法の書いてある参考書を読みましょう

目的は文法(高校レベルの文法)を理解することです。文法という土台があってその上に英単語や熟語を積み上げていき少しずつできることを増やしていくイメージです。仮に今700点取れていても基礎ができていないと更なるスコアアップが難しくなります。高校レベルの文法書を使ってそれを完璧にして基礎固めするのがいいと思います。

○英文法対策の参考書(高校レベル)


一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)
→「英語を話す」ための文法書です。大学受験で必須となる文法項目が漏れなく網羅してあります。英語のシステムやネイティブスピーカーの意識が豊富なイラストとコラムで詳細に解説されています。受験生、大学生、TOEICの準備をしている人向けの本です。


Next Stage 英文法・語法問題[4th EDITION]: 入試英語頻出ポイント218の征服
→大学入試向けの本。左ページに問題、右ページにその解説が載っています。問題を解きながら「文法」「語法」「イディオム」「会話表現」「単語・語い」「アクセント・発音」を学習したい人向けの本です。


総合英語 Evergreen
→基礎から学べます。イラストや概念図が載っていて解説が非常に丁寧で分かり易い特徴があります。定番の英文法書であった『総合英語Forest(フォレスト)』が出版社を変えて名前もこの「Evergreen」に変わったみたいです。

ただ既にTOEICで700点程度のスコアを取れていれば文法の知識は大丈夫という方もいると思います。文法や基礎的な英単語を理解している人はTOEICでよく出てくる英単語を覚えたり問題集を解いたりするとスコアアップに繋がりやすいです。

4.4. 問題を繰り返し解く。

問題を繰り返し解きましょう。

目的はTOEICの問題に慣れることです。4.1~4.3までが完了したら問題を何度も解くのがいいです。問題を解きながらTOEIC特有の英単語をさらに覚えつつリスニングや速読の練習をして問題に慣れていきましょう。紹介した手順どおりだと4.1で公式問題集を一度解いたのでもう一回分残っています。とりあえずそちらに着手してみてください。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 7

問題の形式に慣れてくると徐々にTOEICのスコアを伸ばすことができます。英単語を覚えたり文法を勉強したりした後は問題集を繰り返し解きましょう。

リスニング対策とリーディング対策についてそれぞれ分けて説明します。

リスニング対策

リスニングで得点を伸ばすには問題集を使い解き方を知るのと耳を鳴らすのが大切です。テクニックは非常にたくさんあるので割愛しますが主なものを下に書きました。

リスニングで使えるテクニック

・先読みの練習をする(パート3とパート4)。
音声が流れる前に設問を先に読んでおくことを先読みと言います。
・マークシートのチェックの塗り方を知る。
マークシートにチェックを入れておき後でまとめて塗りつぶす塗り方があります(パート3とパート4)。

TOEICの解き方、テクニックを詳しく知りたい方は下の記事を読んでみてください。

TOEICで使えるテクニック!試験直前でも使える解き方とコツのまとめ【TOEIC900点超えが解説】

リスニング対策で使える本は下に記載しました。

○リスニング対策の本


TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)
→本番で予想されるタイプの問題が5回分(100問×5セット=500問)収録されています。模試新形式の模試が5回分で2090円なのでコスパがいいです。

リーディング対策

・英単語や文法を理解する。
パート5は一問あたり平均20秒で解く速さが求められます。文法や語彙問題は瞬殺できる設問もあるのでパート5はサクサク解いてパート6やパート7に時間を充てたいです。

パート5対策で使える本は下に記載しました。

○リーディング対策の本


TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問 (アスク出版)
→文法事項に特化した1049問。左ページに問題、右ページに解説という見開き構成です。解答後すぐに正答・解説をチェックできます。筆者はTOEICで9回連続990点を取得したTEX加藤さんです。累計100万部を突破した『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ』(朝日新聞出版)の著者でもあります。

・速読の練習をする。

800点を目指すなら間に合う必要はないのですが、もちろん間に合った方が正答率は上がります。試験時間内により多くの問題を解くためにも問題集を使って時間内で解く訓練をするのが大切です。

リーディング対策で使える本も下に記載しました。


TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング
→本番で予想されるタイプの問題が5回分(100問×5セット=500問)収録されています。模試新形式の模試が5回分で2090円なのでコスパがいいです。

リーディングで時間が足りない人は解き方を分かっていない可能性もあります。下の記事でTOEICで使えるテクニックを紹介しているのでリーディングの箇所を見てみてください。

TOEICで使えるテクニック!試験直前でも使える解き方とコツのまとめ【TOEIC900点超えが解説】

問題集を解く時の注意点については下にまとめました。

※問題集を解く時の注意点

①本番と同じように時間を計って解く。
→例えば、公式問題集を解く場合約120分を連続して解く。
②時間内で解けなかった問題も解く。
→まずは制限時間内で解いてみてその後に時間制限なしで残りの問題を解いてみてください。この2つのスコアを比較することで時間があれば解けた問題だったのか弱点を分析することができます。
③復習には時間をかける。
→採点して満足する人が多いですが、目的は自分の弱点を分析することです。自分がどこを解けていないか何故解けなかったかを分析すると対策を取ることができます。

5. まとめ

5. まとめ

まとめ

①現段階の自分のレベルを確認。→公式問題集を解く。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 7

②英単語(基礎的な英単語とTOEIC特有の英単語)を覚える。→英単語帳で対策。

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)
→累計100万部以上売れているTOEIC対策のベストセラー単語帳です。TOEICに頻出する単語がフレーズ形式で網羅されています。また全単語、フレーズに無料の音声が付いています。筆者はTOEICで9回連続990点を取得したTEX加藤さんです。これを使えば間違いないです。

③文法(高校の文法)を理解する。→文法関連の参考書で対策。

○英文法対策の参考書(高校レベル)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)
→「英語を話す」ための文法書です。大学受験で必須となる文法項目が漏れなく網羅してあります。英語のシステムやネイティブスピーカーの意識が豊富なイラストとコラムで詳細に解説されています。受験生、大学生、TOEICの準備をしている人向けの本です。
Next Stage 英文法・語法問題[4th EDITION]: 入試英語頻出ポイント218の征服
→大学入試向けの本。左ページに問題、右ページにその解説が載っています。問題を解きながら「文法」「語法」「イディオム」「会話表現」「単語・語い」「アクセント・発音」を学習したい人向けの本です。
総合英語 Evergreen
→基礎から学べます。イラストや概念図が載っていて解説が非常に丁寧で分かり易い特徴があります。定番の英文法書であった『総合英語Forest(フォレスト)』が出版社を変えて名前もこの「Evergreen」に変わったみたいです。

④問題に慣れる。→問題集を何度も解く。

○リスニング対策の本

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)
→本番で予想されるタイプの問題が5回分(100問×5セット=500問)収録されています。模試新形式の模試が5回分で2090円なのでコスパがいいです。

○リーディング対策の本

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング
→本番で予想されるタイプの問題が5回分(100問×5セット=500問)収録されています。模試新形式の模試が5回分で2090円なのでコスパがいいです。
TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問 (アスク出版)
→左ページに問題、右ページに解説という見開き構成です。解答後すぐに正答・解説をチェックできます。1049問あるので量も十分です。筆者はTOEICで9回連続990点を取得したTEX加藤さんです。累計100万部を突破した『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ』(朝日新聞出版)の著者でもあります。

何か質問があれば答えるのでInstagramのコメントへどうぞ!何か分からないことがあればお答えします。

Instagram(ベニスのネコ英会話)

 Instagram

コメントが多くなりすぎると返信できなくなるかもしれない(途中で打ち切る可能性)ので今のうちだと回答できると思います。

以上です!Twitterでも発信しているのでフォローお願いします。

・Twitter

下2つの記事もおすすめです!

TOEICで700点を超えるための勉強法【TOEIC900点超えが解説】

TOEICで使えるテクニック!試験直前でも使える解き方とコツのまとめ【TOEIC900点超えが解説】