【スラング】英会話でよく使う基本的なスラングを10個紹介!

公開日 2020年9月5日 最終更新日 2021年6月6日

こんにちは!ベニスのネコ英会話です。久しぶりにブログの更新をしてみました。今後更新頻度を少し上げようと思っています。Twitterでは毎日英会話やTOEIC対策の英語の表現を紹介しています。英会話を上達させたい人やTOEICで点数を上げたい人はぜひフォローしてください。




【スラング】英会話でよく使う基本的なスラングを10個紹介!

さて本題に入ります。今回は、英会話でよく使う基本的なスラングを10個紹介します。そもそもスラングとは何?と言う方もいると思います。slang(スラング)は日本語で言う「俗語」です。日常会話で使われるカジュアルな表現のことを指します。例えば、日本語の「まじ」「やばい」「すげー」などをイメージしていただけると分かりやすいと思います。この記事では英会話で頻出の基本的なスラングを扱っているので、いざ英会話で出てきたときに理解できるようになりましょう。

① chill

chill = 出かける、遊びに行く(=hang out)

A: “Let’s chill at the cafe.”

「カフェでくつろごうよ。」

B: “Sure.”

「いいよ。」

② ‘sup

‘sup = よっ!、調子はどう?

‘sup は What’s up? を省略したスラングです。仲のいい友人やフレンドリーな間柄の人に使います。

A: “Hey man, sup?”

「よう、調子どう?」

B: “I’m doing good. How about you?”

「いい感じ。君は?」

A: “I’m good.”

「いい感じ。」

③ gotta

gotta =  〜しなければならない

gotta は、have got to を省略した形です。口語でよく使う表現です。

A: “Sorry, man, I think I’ve gotta go now.”

「ごめん、もう行かなくちゃ。」

B: “Okay.”

「わかった。」

A: “See ya. (=See you)”

「じゃあね。」

B: “See you tomorrow. Bye.”

「じゃあまた明日。バイバイ。」

④ kinda

kinda  = ちょっと、少し、幾分

kinda は、kind of を省略した形です。Kinda.「ちょっと。」と一言で返事するときに使うこともできます。

A: “By the way, can you speak Japanese?”

「ところで君、日本語話せるの?」

B: “Ummm… Kinda.”

「えっと…ちょっとなら。」

⑤ bro

bro  = よう、やあ

bro は男性に対して使われる呼びかけのスラングです。bro は、brother から来ています。カジュアルな場面で男性の友人など親しい間柄で使われます。

A: “What’s up, bro?”

「調子どう?」

B: “Not much. How about you?”

「特に何もないよ。君は?」

A: “I’m doing good as well. Thank you.”

「いい感じだよ。ありがとう。」

⑥ dude

dude = よう、やあ

dude は若い男性に対して使われる呼びかけのスラングです。dude は、bro とほぼ同じように使われます。

A: “How’s it going, dude?”

「調子どう?」

B: “I’m doing good. How about you?”

「調子いいよ。君は?」

⑦ cuz

cuz = なぜなら

cuz は because を省略した形です。

A: “Why do you speak English so fluently?”

「なんでそんなに英語ペラペラなの?」

B: “It’s cuz I lived in the UK.”

「イギリスに住んでいたからだよ。」

A: “No wonder.”

「どうりで。」

UK = イギリス(=United Kingdom) 。実は、イギリスは正式名称でありません。正式名称は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(=United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)です。めちゃ長いですね…イギリスは通称だったのです。また意外と知られていませんが、イギリスは「イングランド」「スコットランド」「ウェールズ」「北アイルランド」の4つから成る連合王国です。

⑧ lit

lit = 盛り上がっている、楽しい、イケてる、かっこいい

lit は、light の過去形・過去分詞形です。light は、「明かりをつける、火をつける」という意味があります。

(例文1)

A: “How was the party?”

「パーティーはどうだった?」

B: “It was lit.”

「盛り上がったよ。」

(例文2)

A: “Hey, your watch is lit!”

「ねえ、君の時計イケてるなあ!」

B: “Thanks. I’ve got it from my girlfriend.”

「ありがとう。彼女からもらったんだよ。」

A: “Cool.”

「いいね!」

⑨ awesome

awesome = 最高、素晴らしい

A: “You went to Kyoto last week, right? How was it?”

「先週、京都行ったんだよね?どうだった?」

B: “Yeah, it was awesome!”

「最高だったよ。」

⑩ dope

dope = かっこいい、イケてる

A: “Hey, your shirt is dope.”

「ねえ、君のシャツかっこいいね。」

B: “Thanks!”

「ありがとう。」

まとめ

chill = 出かける、遊びに行く(=hang out)、くつろぐ
‘sup = よっ!、調子はどう?
gotta =  〜しなければならない
kinda  = ちょっと、少し、幾分
bro  = よう、やあ
dude = よう、やあ
cuz = なぜなら
lit = 盛り上がっている、楽しい、イケてる、かっこいい
awesome = 最高、素晴らしい
dope = かっこいい、イケてる

以上です。最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。では、また次のブログで!