hireとemployの違いは?

公開日 2021年7月13日 最終更新日 2021年7月17日

こんにちは!ベニスのネコ英会話です。

今回の記事ではhireとemployの違いを紹介します。日本語だとどちらも「~を雇う」という意味ですが、違いがあるので見ていきましょう!



hireとemployの違いは?

hire

hire = ~を雇う

to employ someone or pay someone to do a particular job:

hireは、賃金を払って短期間人を雇ったり特定の仕事をしてもらうために雇ったりする場合に使われます。

例文

① We hired a new lawyer.

私たちは新しい弁護士を雇った。

② She hired a babysitter.

彼女はベビーシッターを雇った。

③ The company plans to hire 100 engineers next week.

その会社は来週100人エンジニアを雇う予定だ。

employ

employ = ~を雇う、雇用する

to have someone work or do a job for you and pay them for it:

employは、正式に・継続的に人を雇う場合に使われます。

例文

① I’m employed as a teacher.

私は教師として雇われている。

② The company employs 1,000 people.

その企業は1,000人の人たちを雇用している。

ちなみにemployerは「雇用主」、employeeは「従業員」という意味です。接尾辞の-erは「~する人」、-ee は「~される人」という意味があるので一緒に覚えておきましょう。他の例だとexaminer「試験官」、examinee「受験者」などがあります。


最後に

以上です!SNSでも発信しているのでInstagramとTwitterのフォローもお願いします。

・Instagram

 Instagram

・Twitter