“Do you have time?” と “Do you have the time?”の違いは?

今回は、”Do you have time?” と “Do you have the time?” の違いについて紹介です。

両者は似ているので「どちらも同じなのでは?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、意味は全く異なります。

では、早速見ていきましょう!




① “Do you have time?” の意味

“Do you have time?”

「お時間ありますか?」

今相手がフリーかどうか聞く表現です。

<例文>

“Do you have time tonight?”

「今夜時間ある?」

“Do you have time?” は “Are you available now?” と言うこともできます。

「お時間ありますか」に関する英語の表現

“Are you free now?”
「今、お暇ですか?」

“Are you available now?”
「今、お手すきですか?」

available = (人が)手が空いている

② “Do you have the time?” の意味

“Do you have the time?”

「今何時ですか?」

今の時間を相手に尋ねる表現です。

<例文>

“By the way, do you have the time?”

「ところでさ、今何時か分からない?」

“It’s 9:00.”

「9時ですよ。」

※ Do が文頭に来た時は、通例 Yes や No で返答します。ただ “Do you have the time?” の返答では時間を応えます。例えば、”It’s 3:30.” 「3時半です。」や”9 o’clock.” 「9時です。」などです。

「今何時ですか?」に関する英語の表現

“What time is it (now)?”「(今)何時ですか?」

“What time do you have?”「(今)何時ですか?」

“Have you got the time?”「(今)何時ですか?」

“Do you know what time it is?”「(今)何時か分かりますか?」

“Can you tell me what time it is?”「(今)何時か教えてくれませんか?」

「(今)何時?」と英語で言いたい時に “What time is it (now)?” を思い浮かべた方もいらっしゃると思います。”Do you have the time?” とのニュアンスに違いについても紹介します。

“Do you have the time?” と “What time is it (now)?” は違うの?

✔︎ “Do you have the time?”「今何時か分かりますか?」

時刻を教えてくれるもの(時計や携帯など)が自分の周りにない時に使う傾向。理由は、時刻を教えてくれるものを相手が持っているのかを聞いているからです。上の文を直訳すると「時間(を教えてくれるもの)を持っていますか?」となります。また、アメリカでは使う人がそれほどいないので、British English なのでは?と言う意見もあります。

✔︎ “What time is it (now)?”「(今)何時?」

時計や携帯などが周りにある時に使う傾向。理由は、時間を教えてくれるものが近くにあるので時間を知ることができる前提で聞いているからです。例えば、友達が時計をつけていて、自分は持っていない時に”What time is it (now)?”と言うことができます。

“What time is it (now)?”「(今)何時ですか?」は直接的なので、丁寧さに欠けるのでは?と言う意見もあります。代わりに下記の言い方をした方が丁寧に聞こえます。

<例文>
“Do you have the time?”
「今何時ですか(時間が分かるものを持っていますか?)」
“Do you know what time it is?”
「(今)何時か分かりますか?」
“Can you tell me what time it is?”
「(今)何時か教えてくれませんか?」

③ まとめ

Do you have time?” と “Do you have the time?“の違いのまとめ👇

英語 日本語
Do you have time? お時間ありますか?
Do you have the time? 今何時ですか?

文脈によりニュアンスが異なることもあるので、コミュニケーションの中で相手が何を聞いているのかを掴むことも大切です。