Be supposed to の使い方と発音について! How to use “Be supposed to”

今回は、Be supposed to の使い方と発音について紹介します。




Be supposed to の意味・使い方について学びましょう。発音についても本記事の下に動画があるので見てみてください!

Be supposed to

be supposed to = 〜するはずだ、〜することになっている

supposed の発音は「サポウストゥッ」になります(発音は本記事の下の動画を参照してみてください。)

・John is supposed to arrive by 10.

ジョンは10時までに到着することになっている。

・John was supposed to arrive by 10.

ジョンは10時までに到着するはずだった。

まとめ

be supposed to = 〜するはずだ、〜することになっている

発音は「サポウストゥッ」です。

以上です。最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。では、また次のブログで!